2019年12月17日

12月13日(金)1年生物基礎

生物基礎では2学期後半から、植生の遷移や生態系について学習しています。その一環として、新しくできた島の生態系を作っていくカードゲームをやってみました。各班8人で、2人一組のチームを組んで行います。数年前から噴火により新しい陸地が増えている小笠原諸島の西之島の映像を見て、イメージを作ったあと、ゲームに入りました。限られた時間でしたが、ルールを確認しながら、よく話し合って取り組んでいました。遷移や生物多様性を豊かにするしくみについて考えるきっかけになったと思います。

IMG_7342f.JPG

生徒の感想より

・勝っているチームはススキをたくさん引いていたことから、小さな草本から島ができあがっていくということが分かった。ゲームで楽しみながら理解することができてよかったと思う。

・植物がいなかったら、動物はいられない。特定の木にしか住めない動物は希少性が高く、遷移が進むにつれて入ってこれる動物が増えた。自然災害はいつ起こるか分からないけど、外来種を入れない、とかは、防ぐことができるので、できることからやっていけばいいと思った。

・どういう工夫をするかも大事になってくるなと思いました。相手のグループが失敗しているのを見て、これを置くのはやめとこう、などと、話し合いながらできました。

・1つの動物や植物がマウントを取っている生態系は長続きせず、混在している方が安定していました。

・あまり木の種類や動物の種類を知らないので、知らないものを見ているだけで楽しかったです。もっと時間をかけて戦略を立ててやったら、もっと楽しんでできる気がしました。

・自然はそう簡単には変わらず、ずっとそこにいるように感じるけど、奇跡のようなバランスで成り立っていて、次、またその組み合わせにできる確率はとても低い、と感じました。
IMG_7340f.JPG IMG_7331f.jpg IMG_7332f.jpg IMG_7336f.jpg
posted by 管理人 at 12:05| 兵庫 | Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

ふれあい育児体験(明南保育所)

20191111a.jpg 20191111b.jpg 20191111c.jpg 20191111dd.jpg 20191111ee.jpg 20191111ff.jpg 20191111gg.jpg 20191111hh.jpg

11月11日(月)3年生「子どもの発達と保育」の選択生徒23名が、明南保育所で「ふれあい育児体験」を行いました。生徒達は、園児のお話を聞いたり、キャラクターが飛び出す手作りメッセージカードをプレゼントしたりと、つかの間の楽しい時間を過ごしました。9月の人丸幼稚園に続いて、生徒達は園児とふれあう貴重な体験をしました。
posted by 管理人 at 13:52| 兵庫 | Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

生物基礎、腎臓、肝臓

生物基礎では、内臓のはたらきを学んでいます。

今日の放課後、内臓の観察会がありました。
(*内臓の写真があります。苦手な方はご注意ください。)

学んでいるのは主にヒトの内臓ですが、ヒトに近いといわれるブタの内臓を観察しました。
食用としてのブタの内臓を用いました。

腎臓と肝臓は、実物を見て、感触を確かめることができました。
ブタの肝臓は特に肝小葉を観察しやすいそうです。

20191002h.JPG  20191002i.JPG  20191002j.JPG

腎動脈と腎静脈の感触の違い、実物を目の前にする肝臓の大きさ、そしてにおいなど、授業で学んでも教科書だけではわからないことを体験できました。
posted by 管理人 at 16:30| 兵庫 ☔| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする