2018年12月20日

[理数探究類型]京都大学高大連携事業の開催

京都大学が高大接続・高大連携活動の一環として、全国的に展開している学びコーディネーター事業を利用させていただき、今回「鳥の足跡から最大級翼竜の体重を推定する」というテーマで12月14日(金)に出前授業をしていただきました。
本校の理数探究類型2年生が受講しました。

高校生にとって「恐竜」は興味や憧れがあり、恐竜映画などを通して親しみもあるテーマでした。
現在の鳥の足跡を研究することで翼竜の体重や生活をも推測できることに驚きました。
IMG_8465.JPG
やはり生徒にとって恐竜は非常に興味深く、「最大の翼竜Quetzalcoatlusの図にトサカが描かれているが根拠はあるのか」、「今後、恐竜の皮膚の色が判明することはあるのか」など生徒は質問しました。
PC140822.JPG
表記のテーマ以外にも、どのようにして「博士」になるのか、「研究者」とはどのようなものなのか、また、研究者としてのイギリスでの生活なども紹介してくださいました。

「将来をより具体的に考えるきっかけになった」、「英語など基礎教養が本当に必要だと思った」という生徒もおり、貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。
posted by 管理人 at 11:04| 兵庫 ☁| Comment(0) | 理数探究類型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

第34回 明石高校美術科展 ー高校生が考える県政150周年 明石高校美術科がデザインする地域の魅力展ー について

bijyutukatenposuta.jpg
 美術科の生徒たちが美術の専門課程の授業の中で、懸命に表現した作品を展示します。3年生は卒業制作を展示いたします。

会期:平成31年1月12日(土)~1月14日(月・祝)
場所:兵庫県立美術館 ギャラリー棟3階ギャラリー
開館時間:10:00~18:00(最終日は15:30まで)
    入場は閉館30分前まで

 また今年は、高校生が考える県政150周年記念事業として、二つの特別企画があります。
 特別企画@ 「いっぱい はっけん ひょうご県」
  1月12日(土)13:30~15:00 ギャラリー棟1階アトリエ2にて
ipaihaken.jpg

 明石高校美術科生と一緒に、兵庫の魅力がいっぱいのマップつくりにチャレンジしませんか?参加者全員の作品は合体し大きなマップに仕上げ、会期中、美術科展会場受付付近に展示されます。
お申し込みはPDFファイル「いっぱい はっけん ひょうご県」参加申込書をダウンロードしてFAXで明石高校までお申し込みください。恐れ入りますが、今回は参加対象者は小学生及び中学生とさせていただき、定員30名(先着)で締め切らせていただきます。参加申込書に詳細も記載しておりますので、ご確認になってください。

 特別企画A 「明石高校美術科がデザインする地域の魅力展」
  1月14日(月・祝)11:30~15:00 ギャラリー棟1階ミュージアムホールにて
 
vdpurezen1.jpg
vdpurezen2.jpg

 3年生のビジュアルデザイン専攻の生徒たちは、自分の住む地域の魅力を発見しPRするプロジェクトに昨年度より取り組んでまいりました。今回は2年がかりの取り組みの集大成として公開プレゼンテーションを行います。また、本校卒業生である星加ルリコ氏(株式会社 RURIKO PLANNING ルリコプランニング 代表取締役)による特別講演会も行われます。どちらも入場無料です。

 ぜひご高覧ください。多数の方々のお越しをお待ちしております。

 








ラベル:お知らせ
posted by 管理人 at 15:08| 兵庫 ☁| Comment(0) | 美術科展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする